トップ>剪画で使用する材料について 
トップ
ギャラリー
20 作品展
ギャラリーについて
ご利用のご案内
販売
作品の販売
剪画用品の販売
絵はがき・書籍等
お申込み方法
剪画講座
剪画教室
ワークショップ
インフォメーション
アクセス
サイトマップ
リンク
剪画アート&スペースの日々
8
日本剪画協会ホームページ
切紙x℃ ホームページ
English Top Page

剪画で使用する材料について

剪画で使用する材料について

剪画は紙を、ナイフで切り出して描く絵画です。材料には主に黒い和紙を用いますが、色和紙を使うこともあります。また黒い和紙を貼りつける台紙も必要です。剪画で使用する材料について、ご紹介いたします。

■ 一般的な材料について

• 黒い和紙について

下絵を切るために、黒い和紙は欠かせません。和紙の代表的な原材料に楮、みつまた、雁皮などがあります。楮和紙は繊維が長くて太いため表具、美術紙、障子紙などに使われ、剪画にも最適です。

剪画アート&スペースでは主にパルプの入った練習用黒和紙、楮を使った黒和紙を販売してます。

• 台紙について

切り取った黒い和紙を貼りつける台紙は、白く、しっかりとした機械漉きの鳥の子紙を使っています。

• 色和紙について

色和紙について

和紙独特の色彩を楽しむため、多様な色和紙を使用することもあります。

■ 豊富な取扱商品について

• 品質へのこだわり

剪画アート&スペースは、剪画の道具や材料を豊富に取り揃えています。また品質にこだわり、様々な剪画用品を研究・開発しています。

薄手の楮和紙を黒く染めた黒和紙は柔らかくて切りやすいので、白黒作品や練習用に向いています。薄手の黒和紙をさらに二度染めした剪画和紙は切りやすく、切り口もシャープです。

色和紙セットも2種類提供しています。30センチ×47センチの15色と、15センチ×15センチの70色があります。 用途に応じてご利用下さい。(この2セットの和紙は裏面に糊シートが付いていませんので、アイロンで接着する時は熱圧着糊シートを使って下さい。)

• 開発商品について

剪画アート&スペースで取り扱っているオリジナル商品に、熱圧着和紙があります。
剪画を接着するために、独自に開発・制作している商品です。和紙の裏にあらかじめ糊が付いていて、アイロンなどで熱を加えると溶けて接着します。黒和紙、剪画和紙、鳥の子紙、色和紙、薄和紙、中薄和紙、中厚和紙、糊シートなど種類を豊富に取り揃えています。

開発商品について

また霜降黒の熱圧着紙は、独特の風合いを出したいときにご活用下さい。剪画制作セットを使えば台紙、うちわ、はがきなどを手軽に作ることが可能です。

東京都葛飾区にある剪画アート&スペースは、剪画や切り絵の材料や道具を販売しています。上質な和紙を使った熱圧着紙は、切り絵にも活用できます。思い通りの材料が入手できない方でも、満足できる品揃えとなっています。
剪画を中心とした作品展、剪画や切り絵の作り方教室も行っています。興味のある方はお気軽に、お問い合わせ下さい。